一般財団法人おおい勤労者サービスセンター
サービスセンターの概要

制度の目的
中小企業退職金制度(略称:中退共制度)は、昭和34年に国の中小企業対策の一環として制定された「中小企業退職金共済法」に基づいて設けられた制度です。
中小企業において単独で退職金制度を持つことは非常に困難であることから、中小企業者の相互扶助の精神と国の援助で退職金制度を確立し、これによって中小企業従業員の福祉の増進と雇用の安定を図り、中小企業の振興と発展に寄与することを目的としています。

制度の目的
1 加入申込
事業主が雇用する従業員を対象に中退共と「退職金共済契約」を結びます。
事業主が「新規申込書」を金融機関に提出しますと、後日、従業員ごとの「退職金共済手帳」を送付します。
2 掛金の納付
毎月の掛金は全額事業主負担とし、口座振替で金融機関に納付します。
掛金は、従業員ごとの「契約成立の日」の属する月から「退職日」の属する月分までを納付します。
3 退職金の支払い
退職した従業員の請求に基づき、中退共から退職金が直接支払われます。
退職金額は掛金月額10,000円の場合
10年後▶1,265,600円、20年後▶2,666,600円、30年後▶4,213,100円となります。

メリット
1 国からの掛金助成があります。
2 掛金は税法上、損金または必要経費として全額非課税になります。
3 退職金の管理が簡単です。
4 パートタイマーの方には、特例掛金月額も用意されています。

加入条件
加入できる企業
加入できる企業は、業種によって異なります。
従業員数または資本金・出資金のいずれかが次の範囲内であれば加入できます。
ただし、個人企業の場合は、従業員数によります。

一般業種
(製造・建設業等)
常用従業員数300人以下または資本金・出資金3億円以下
卸売業
常用従業員数100人以下または資本金・出資金1億円以下
サービス業
常用従業員数100人以下または資本金・出資金5千万円以下
小売業
常用従業員数50人以下または資本金・出資金5千万円以下

2 加入させる従業員(被共済者)
◎従業員は原則として全員加入させてください。
ただし、パートタイマー(短時間労働者)は加入させないこともできます。
◎同居の親族のみを雇用する事業所の従業員も加入できます。

ご注意(加入できない方)
1 事業主および小規模企業共済制度の加入者、原則として法人企業の役員。
2 中小企業退職金共済法に基づく「特定業種(建設業・清酒製造業・林業)退職金共済制度」の被共済者。
 ※社会福祉施設職員等退職手当共済制度に加入している従業員は、中退共制度と重複して加入できないこととされています。

掛金月額の選択
掛金月額は、次の種類から従業員ごとに選択できます。

掛金月額表
5,000円 6,000円 7,000円 8,000円
9,000円 10,000円 12,000円 14,000円
16,000円 18,000円 20,000円 22,000円
24,000円 26,000円 28,000円 30,000円

パートタイマー(短時間労働者)は、2,000円、3,000円、4,000円でも加入できます。

掛金月額の助成

掛金の助成期間中は、掛金月額から助成額を控除した額が口座から振替えられます。
1 新規加入助成
新しく中退共制度に加入する事業主に掛金月額の1/2(従業員ごとに上限5,000円)を加入後4ヶ月目から1年間、国が助成します。短時間労働者の特例掛金月額の1/2の額にそれぞれ300円・400円・500円を上乗せして助成します。
2 月額変更助成
18,000円以下の掛金月額を増額変更する場合は、増額分の1/3を国が増額月から1年間、国が助成します。

お問い合せ
一般財団法人 おおいた勤労者サービスセンター 097-548-5500
中小企業退職金共済事業本部(略称:中退共) 03-6907-1234
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/


一般財団法人 おおいた勤労者サービスセンター
〒 870-0035 大分市中央町 4-2-5 全労済ソレイユ3階
TEL 097-548-5500 FAX 097-548-5505
http://www.oitasc-mate.jp  oita@oitasc-mate.jp